WordPress

【簡単】「ads.txt」とは?ファイルの問題を修正する方法

保坂陽平

Googleアドセンスの審査に通って喜んでいるのもつかの間、

というメッセージが表示されて焦ってはいませんか?

「収益に重大な影響が出ないよう」なんて書かれているので、すぐにでも修正しないとヤバそうな気がして不安になりますよね。

この記事では、ads.txtファイルの問題を修正する方法について、初心者の方でもできるようにわかりやすく解説します。

まったく焦る必要はありませんので、この記事を見ながら落ち着いて対処してくださいね♪

ads.txt(アズテキスト)とは?

「ads.txt(アズテキスト)」とは、簡単に言うとアドフラウド(広告詐欺)を防止するツールです。

アドフラウドとは、偽のウェブサイトを作って広告のインプレッション数を水増ししたり、広告を不正にクリックしたりして、広告費をだまし取る詐欺のことです。

2021年の推計被害額は1,000億円超にもなるという調査結果も出ており、大きな問題となっています。

導入企業では最大20%の広告詐欺(以下「アドフラウド」)リスクがあるという結果に。また被害の平均値から逆算すると2021年の累計のアドフラウドの推定被害額は1,000億円超となることが明らかになりました。

引用:https://jp.spideraf.com/media/press-releases/ad-fraud-whitepaper-2021-2nd-sem

このようなアドフラウドを防止する仕組みの一つが「ads.txt」で、Googleアドセンスのヘルプを引用すると次のとおりです。

ads.txt による認定デジタル販売者(Authorized Digital Sellers)の宣言は IAB Tech Lab によるイニシアチブで、コンテンツ内のデジタル広告枠が、そのコンテンツのパブリッシャー(ウェブサイトならばサイト運営者)が認定した販売者(AdSense など)を通してのみ販売されるようにするものです。サイト運営者様は ads.txt を独自に作成することで、自サイトの広告枠の販売者を厳密に管理し、偽の広告枠が広告主に提供されるのを防ぐことができます。

引用:ads.txt に関するガイド – Google AdSense ヘルプ

読んでもよくわからないかもしれませんが、簡単に言うと偽サイトによるアドフラウドを防止できる仕組みです。

厳密で理解できなくてもブログ運営には支障ありませんので、これから解説する手順通りに「ads.txt」ファイルの問題を修正していただければと思います。

ads.txtファイルの問題を修正する方法

Googleアドセンスのads.txtファイルの問題は、Googleアドセンスの管理画面からダウンロードできるads.txtファイルを、FTPソフトを使ってサーバーに設置することで修正できます。

ads.txtファイルをサーバーに設置する手順

Googleアドセンスの管理画面を開き、警告メッセージの右側にある「今すぐ修正」をクリックします。
「ダウンロード」をクリックして、ads.txtファイルをダウンロードします。
ファイルを開くと、以下のような記述があります。よくわからないかと思いますが、何も編集する必要はありませんのでご安心ください。
  • google.com: 広告配信ツールのドメイン
  • pub-○○○○○○○○○○: GoogleアドセンスのアカウントID
  • DIRECT: Googleアドセンスのアカウントの管理タイプ
  • f08c47fec0942fa0: GoogleアドセンスのTAG ID
FTPソフトを使って、ウェブサイトのルートドメインにアップロードすれば完了です。

FTPソフトの使い方については、こちらの記事で詳しく解説しています。

あわせて読みたい
FFFTPの使い方|FTPソフトの設定方法を初心者向けに解説
FFFTPの使い方|FTPソフトの設定方法を初心者向けに解説

エックスサーバーでads.txtファイルを設定する手順

エックスサーバーをご利用であれば、FTPソフトを使わなくてもサーバーの管理画面内で設定することができます。

エックスサーバーのサーバーパネルにログインします。
少し下の方に「ads.txt設定」という項目がありますので、これをクリックして開きます。
ads.txtを設定したいサイトのドメインを選択します。
「ads.txt設定追加」タブを開きます。
以下の通りに入力して、「確認画面へ進む」をクリックします。
  • 広告システム: google.com
  • サイト運営者ID: GoogleアドセンスのアカウントID
  • 契約種別: DIRECT
  • 認証機関ID: f08c47fec0942fa0
「追加する」をクリックします。
以上で完了です。

ConoHa WINGでads.txtファイルを設定する手順

ConoHa WINGでも、サーバーの管理画面からads.txtを設定することができます。

ConoHa WINGのコントロールパネルにログインします。
「サイト管理」を開きます。
「応用設定」をクリックします。
「ads.txt設定」を開きます。
右側の編集ボタンをクリックします。
「google.com, pub-○○○○○○○○○○(GoogleアドセンスのアカウントID), DIRECT, f08c47fec0942fa0」と入力して「保存」します。
以上で完了です。
ヤンピン
ヤンピン
Profile
毎日を穏やかに過ごしたい。2015年にうつ病を発症し、2017年に退職。その後しばらく落ち着いていましたが、2022年末に再発。重度の鬱病と診断されてしまったので、2023年はしっかり休んで治します。家庭菜園で自然栽培に挑戦中。音楽と映画とお酒が欠かせません。
プロフィールを読む
記事URLをコピーしました